意中の相手を意識させる為のテクニック

意中の相手を意識させる為のテクニック

 

 

恋愛の第一歩は相手に自分を意識させることと言えます。だからまず行うことは自分が相手に興味を持っている事、好きなことをアプローチすることです。例えば「付き合っている人、好きな人がいるのか」聞いてみるのも1つの手です。その他にも相手を見つめることで目が合う回数を増やす、また会う回数を増やすことも有効な手段です。何故なら人は何度も挨拶を交わしたり、接点回数が多い人を好きになる傾向があるからです。そして会ったら笑顔で挨拶をすることを心がけましょう。

 

小さなお願いごとを何度もする

 

人は言動と心が矛盾している状況を快く思わないといった性質があるので、その矛盾を減らす為に無意識に誰かを助けるといった行動をした際にはその人の事を助けたいと思っているからだと認識してしまいます。だから意中の相手に対して小さいなお願いごとをすると相手が自分のことを好きになってくれる事があるのです。これは心理学用語ではベンジャミン・フランクリン効果と呼ばれていてペン貸してもらう、何かを教えてもらう、アドバイスをお願いするといったちょっとした事でOKです。それを何度も繰り返すことがポイントでその際に会話も出来るし相手との距離が縮まる可能性があります。

 

最初の3回でいい印象を持ってもらう

 

人は相手に対する印象を会ってから3回で決定づけます。最初の顔合わせで第一印象を持ち、2度目はその印象の確認、3度目に印象が固定されます。だから第一印象はとても重要と言えますし、第一印象でいい人と思ってもらえればその印象を確定できる様に3度目までは相手にいい印象を持ってもらうように意識して振る舞いましょう。確定した印象はなかなか覆ることはないので好きな相手は勿論として、その他の人も3回目まではいい印象を持ってもらえるように頑張れば人間関係はスムーズになります。

 

相手と同じ行動をする

 

人は不思議なモノで出身地、趣味、好きなモノなど共通点が多い相手に対しては親近感を覚えます。だからそれを利用した恋愛テクニックが
それと同じで、同じ行動をとる相手に親近感をついつい抱いてしまうというテクニックがミラー効果と言われるモノです。例えば相手の行動を真似してみたり、相手が笑っているなら一緒に笑う、悲しんでいる時は一緒に悲しむだと感情を共有することも相手との距離を縮める方法です。さらに相手のクセや口癖を真似してみるのも1つの方法なので是非試してみて下さい。