陰部が黒ずみたくなければ、ホルモンバランスを整えるように

陰部が黒ずみたくなければ、ホルモンバランスを整えるように

陰部に黒ずみができると「何でこんなところに黒ずみが!?」と頭を抱えてしまいませんか?脇に黒ずみができる理由はムダ毛の処理のしすぎです。

 

 

そう考えると同じようにデリケートゾーンの黒ずみもムダ毛の処理が原因と考える人が多いでしょう。

 

 

確かにこれが原因で黒ずみになることもあるのですが、陰部の黒ずみはそれだけで起こるわけではありません。それでは陰部に黒ずみができる原因を一つ一つ解き明かしましょう。陰部の黒ずみの原因の多くを占めるのが実は「下着の締め付け」なのです。

 

 

可愛い下着は少々締め付けが強く、小さいサイズのものが多いですよね。実はこの締め付けのせいで陰部は黒ずんでしまっているのです。下着がきついと肌との摩擦が起こり、そのせいで陰部に炎症が起こります。これが皮膚にダメージを与えて、徐々に黒ずむのです。サイズがきつめの下着を履いている人はこれが原因で黒ずみになっている可能性が高いです。思い当たる人は即締め付けのない下着に変えましょう。

 

 

それから同様にナプキンの摩擦なども陰部の黒ずみの原因です。デリケートゾーンは非常に肌が弱く、刺激や摩擦によってすごいダメージをくらいます。このせいで肌が黒ずみになるのです。摩擦にはくれぐれも注意してください。

 

 

陰部に黒ずみができる理由はこのように摩擦のせいな場合が多いですが、時にはホルモンバランスの乱れが原因になることもあります。寝起きが不規則だったり、不規則な食生活を続けるとホルモンのバランスが崩れて、肌のターンオーバーが乱れます。このせいで陰部の黒ずみに困るのです。妊娠中などのホルモンバランスが乱れやすい時期にも陰部が黒ずむのはこのような理由からです。

 

 

この場合はホルモンバランスの乱れを改善する他ありません。不規則な生活を改善し、ストレスの溜まらない環境をなるべく作り、ホルモンバランスを整えましょう。そうすることが黒ずみの対策方法になります。毎日の生活態度は大事です。陰部が黒ずみたくなければ、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。