日常生活でわきがの匂い対策をする2つの方法

日常生活でわきがの匂い対策をする2つの方法

日常生活で自分のわきがの匂いって気になりますよね。

 

もしかすると自分だけが過敏になりすぎてて、他人からすればそこまで匂いは気になってないかもしれませんが、
なるべく簡単に対策したいものですよね。

 

今回は簡単にできる方法を2つご紹介したいと思います。

 

@制汗剤を使用するときにはわきに直接塗り、洋服の内側にも少し塗ってみましょう。
わきがで悩んでいる方は既に制汗剤を使っている方も多いとは思いますが、
わきだけに直接塗ってもすぐに乾いてしまうので、洋服の内側にも直接少し塗ってみてください。

 

例えば制汗剤の匂いが石鹸の香りの場合、洋服にも少しついているとわきがの匂いを少しはごまかせます。

 

ただし、制汗剤によっては、洋服にシミになってしまう場合もありますので、お気に入りの服は避けたほうが無難です。
また、汗わきパットもわきがの方には有効です。汗わきパットはシャツだけですと外側から透けてしまいますので、薄いニットなど着用した方がよいです。また、
汗わきパットにも直接制汗剤を塗ってあげるとより匂い対策には効果があります。

 

A風通しの良い服を着る。

 

蒸れやすい服を着ていると匂いがこもり、自分自身でも気になってくると思いますので、ニットなどを直接着るのではなく、シャツを一枚来て通気性の良い服装を心がけることも大事です。
また、外出する機会が多い場合は、あらかじめ着替えを用意しておくこともおススメです。
常に清潔を心がけることで自分自身のテンションも上がっていきます。

 

 

【おまけ】

 

服にわきがの匂いが染みついてしまった場合は・・
@自宅で重曹を洋服のわきの箇所につけて、お湯と一緒に数分もみこむと多少匂いが軽減される場合があります。
もみこんだ後はすぐに干すか、ドライヤーでもみこんだ場所を乾かしましょう。
その後匂いが気にならなければ、匂いは落ちていると思われます。

 

Aもし重曹でも匂いが落ちなかった場合は、クリーニング店にお願いしましょう。
「しみぬき」をお願いすれば大概のしみは落ちるので、特にお気に入りの服はこまめにクリーニング店へ持っていきましょう。"